早期解決を強く希望される遺産分割を1ヶ月半で解決した事例 |大阪 相続 弁護士|相続問題に精通するエミナス法律事務所

時間無制限の無料相談0662278972電話受付時間:平日9:30~18:00
土日祝も相談可能

早期解決を強く希望される遺産分割を1ヶ月半で解決した事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:●争点別:遺産分割  ●遺産額:3000万円以上  ●遺産の種類:収益不動産、実家、預貯金、上場株式  ●相続人の関係:実の兄弟

事案の内容

2ヶ月後に兄(相手方)が海外へ転居予定とのことで、双方とも早期の遺産分割を希望していましたが、
①弟(依頼者)が取得を希望している自宅不動産の評価額、
②双方とも売却を希望している収益不動産の売却時期、
の2点について意見の対立が生じていました。

当事務所の活動内容

依頼者はもちろん、相手方である兄からもじっくりと話を聞き、①②の対立点に対する双方の意見の背後にある事情等の理解に努めた上で、双方が歩み寄れる落としどころを探りました。

結果

対立点①については、依頼者が今後も居住を継続する予定であるため、遺産分割の際の計算上は固定資産評価額で評価し、将来において依頼者が自宅を売却した際には、固定資産評価額と売却金額の差額の2分の1相当額を相手方へ渡す内容で合意しました。

対立点②については、相手方が経済情勢から即時の売却には反対とのことであったため、長めの売却期限を設定した上で共有取得することで合意しました。
兄が当該期限を遵守するメリットを生じさせるため、期限内に売却できた場合には兄の取得額が多くなるような条項も規定しました。

事件処理のポイント

遺産分割では、不動産の評価は時価によることになりますが、この点を巡って対立し、紛争が長期化することがまま見受けられます。
本件では、相手方が2ヶ月後には海外へ転居する予定で、依頼者としては、それまでに遺産分割を完了させたいとの強い希望がありました。
そのため、自宅不動産の時価を巡って延々と争うこともできず、自宅不動産については、当方から上記①の提案を行い、相手方の理解を得ることができました。

収益不動産については、相手方の意向を汲み、長めの売却期限を設定することとしましたが、売却期限を決めても、兄の協力がなければ売却はできず、裁判で強制することもできません。合意を遵守させる方法としては、違反に対してペナルティを課すというのも考えられますが、このような内容で兄が納得するとは思えなかったことから、依頼者の理解を得た上で、ペナルティではなく兄にメリットを生じさせる仕組みを導入することにより、兄が合意を遵守する可能性を高める工夫をしました。

何らかの事情で一定の期限までに合意を成立させる必要性ないし強い希望がある場合、このような事情を抱えている側の相続人(本件の場合は依頼者)には、一定程度譲歩いただくことも必要になります。

その他の解決事例

相続人が20人近くに及ぶ遺産分割調停を約2ヶ月でスピード解決した事例

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:●争点別: 遺産分割 ●遺産額:3000万円以下 ●遺産の種類:不動産 ●相続人の関係:兄弟姉妹と甥姪

依頼者は三女で、被相続人死亡後、自ら経費を負担して遺産である実家不動産(無人)の管理を担ってきたこともあり、単独での取得を希望されていました。 ただ、被相続人死亡後、長期間にわたって遺産分割を行わなかった結果、代替わりで相続人が20名近くに膨れ上がり、また、相続人間の人間関係も希薄であるため、ご自身で一人一人と交渉を行うのは難しいと判断され、遺産分割手続を依頼いただきました。 ...

相続人が29名にも及んだ遺産分割の事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:●争点別:遺産分割  ●遺産額:3000万円以上  ●遺産の種類:預貯金  ●相続人の関係:被相続人の兄弟姉妹と被相続人の配偶者の兄弟姉妹

相続の処理を長期間にわたって放置しているうちに相続人が29名にも及ぶ事態となり、相続人相互の関係性が希薄、あるいは、面識すらないという状態のため、遺産分割協議自体を進めることが困難という事案でした。 ...

双方に代理人弁護士がつくことで必要な情報開示がなされた事例

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:●争点別:遺産分割  ●遺産額:3000万円以上  ●遺産の種類:不動産、預貯金  ●相続人の関係:兄妹

複数の収益不動産を所有していた父親が死亡したため、長女(依頼者)から収益不動産の管理を行っていた長男に対し、収益不動産の収支を含む遺産の内容について再三にわたり開示を求めたものの、開示がなさないということで相談に来られました。 ...

複数の遺言の解釈についてより有利な内容で解決できた事例

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:●争点別:遺言 ●遺産額:3000万円以上  ●遺産の種類:預貯金  ●相続人の関係:実の姉弟

少しずつ内容の異なる自筆証書遺言が3通作成されており、その解釈を巡って姉(依頼者)と弟(相手方)との間で争いが生じていました。弟側の弁護士からは、3通の遺言を総合的に解釈すれば姉には遺留分しか認められないとの主張がなされていました。 ...

死亡前の4ヶ月間に9000万円の預貯金が出金されていた事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:●争点別:預金の使い込み  ●遺産額:3000万円以上  ●遺産の種類:預貯金  ●相続人の関係:被相続人の子と被相続人の姉

父親が死亡したため預貯金を調査したところ、以前に聞いていた父親の財産状況からすればあまりにも残っている金額が少なすぎるので調査してほしい、とのことで相談に来られました。 母親はすでに死亡していたため、相続人は依頼者と弟の2人でしたが、弟とは音信不通のため、依頼者のみからの依頼となりました。 依頼者の話によれば、死亡前数ヶ月間、父親は叔母(父親の姉)の自宅近くの病院に入院していたとのことでした。 ...
当事務所の解決事例 ご相談者の声

9:00~20:00 (要予約) の時間帯で、
時間無制限の無料相続相談を実施しております。
お気軽にお問合せください。

コロナウイルス対策として電話・オンライン(ZOOM)による無料相続相談を実施中です!

時間無制限の無料相談実施中

06-6227-8972 電話受付時間:平日9:30~18:00
相談時間:平日9:00~20:00
*土日祝も相談可能
  • でのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせ
時間無制限の無料相談実施中
06-6227-8972 メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら